GOM Mix Pro

FAQ

購入したGOM Mix Proライセンスキーの払い戻しはできますか?

Views: 392 Date: 2017. 09. 08

下記の条件を満たす場合に限り、払い戻しが可能です。

---------------------------------

 

未登録ライセンスに限り購入後8日以内であれば払い戻しが可能です。
ただし、一度でも登録された場合は一切キャンセル不可能になりますので、
無料版で十分に機能をお試しの上、ライセンス登録をお願いいたします。

 

未使用であっても購入後8日を経過した場合は所定の返金手数料を申し受けます。

---------------------------------

 

また、返金の際は下記のルールが適用されます。

 

また、サイトの決済画面にも明記しております通り、日本円での決済時、
クレジットカード以外の決済方法(銀行振込・コンビニ払い・デジタルマネー)を
ご利用の場合に発生する返金手数料1500円はお客様負担となりますことあらかじめご了承ください

(1500円を差し引いた残りの金額が返金されます)

 

---------------------------------

 

【払い戻しの申込方法】

お問い合わせページにて、払い戻しの申し込みを行います。

購入履歴確認のため、申込みの際は登録メールアドレスを必ずご記入ください。
 

 

有料課金および払い戻しのポリシーについてのご案内

 

 

1.有料課金

1)有料課金の利用契約は、ソフトウェア利用約款に対する同意と該当する有料課金での利用を希望するユーザーのライセンス購入を通じた利用申請と当社の承諾で成立します。その他の事項は、当社が定める方針に従います。

 

2)ソフトウェアの有料課金の際、ユーザーはGOM Softwareホームページ、または、当社との販売提携を結んだサービスプロバイダーからソフトウェアライセンスを購入して支払うことができます。

 

3)通常のお支払いが完了すると、会員情報に保存されたE-Mailまたは非会員である場合、購入時に入力したE-Mailにライセンス情報が送信されます。

 

4)有料課金利用者の場合は、以下の内容にも同意したものとみなします。当社は、ユーザーがサービス利用中に必要があると認められる多様な情報について、E-Mailやテキストメッセージなどの手段でユーザーに提供することができ、ユーザーは望まない場合は、情報の受信を拒否することができます。ただし、ユーザーのサービス利用に関連してサービス利用上の重大なポリシー変更等に関する事項は、情報の受信を拒否したユーザーにもE-Mailなどを介して、その内容を通知することができます。

 

5)未登録ライセンスに限り購入後8日以内であれば払い戻しが可能です。ただし、一度でも登録された場合は一切キャンセル不可能になりますので、無料版で十分に機能をお試しの上、ライセンス登録をお願いいたします。

 

6)ユーザーが他人の購入情報を同意なしに使用した場合、民・刑事上の責任を負うことになり、関係法令によって処罰されることがあります。

 

 

2.しポリシ

1)当社は、ユーザーがソフトウェアライセンスの購入後、会社が定めた返金保証期間(8日以内)を超えた場合、決済代行手数料として支払われる10%を全額返金対象金額から控除した残りの金額を最終返金額とします

 

2)ソフトウェアの払い戻しは、ライセンス登録を一度も行っていない場合にのみ適用されます。

 

3) ライセンス2つ以上のバンドル商品の場合、1つの単一の商品であるため、複数のライセンスの中から1つだけ登録しても、その商品は払い戻しが不可能であり、使用していないライセンスの部分決済取り消しと払い戻しもできません。

 

4)当社での通常の支払いではなく、特別なサービス(クーポン、商品券、管理者のボーナスなど)を提供し、無料でライセンスを取得した場合には、決済した事実を確認できないため、元に戻すことはできず、払い戻しには応じかねます。

 

5)ソフトウェアの有料ライセンス情報を他人と共有したり、一つの有料ライセンス情報で、複数のコンピュータで同時にソフトウェアを実行するなど、サービス利用約款及び関係法令を違反する場合には、支払いのキャンセル及び払い戻しができなくなる場合があります。

 

6)次の各項目に該当する場合には、サービスの使用日数に含まれず、損害賠償はありません。

- 国家非常事態、天災などの不可抗力によりサービスを提供することができない場合

- 当社が定めた定期点検や、事前通知されたサーバー増設およびその他の交換作業による場合

- ユーザーの故意又は過失など、ユーザーの帰責事由でサービスを提供することができない場合

- 電気通信サービスの特性上、やむを得ない事由でサービスの提供が不可能な場合

- 当社以外の他の通信事業者が提供する電気通信サービスの障害に起因する場合

- ユーザーが取捨選択して利用する、個別の通信事業者の回線や機器の制約や障害に起因する場合